明海大学歯科総合医育成コース認定医制度規則

第一章 総則

(目的)
第1条 この規則は、明海大学病院生涯研修部運営委員会(以下「運営委員会」という。)規程第8条に基づき、「国民の生涯にわたる健康の保持増進を図るため、歯科口腔領域に関わる高度総合医療人を養成することを目的とした」明海大学歯科総合医育成コース認定医(以下「認定医」という。)制度に関する基本事項を定める。

第二章 評価機構

(評価機構)
第2条 前条に基づき、歯科総合医育成コース認定医制度の推進及び実施、管理、運営に関し、歯科総合医評価機構(以下「機構」という。)を設置する。
(事業)
第3条 機構は、前条に定める制度の推進及び実施、管理運営のほか、次の各号に掲げる事業を行う。
(1) 歯科総合医としての質の保証を支援する事業。
(2) 歯科総合医が広く社会の支持を得ることができるように支援する事業。
(3) その他歯科総合医に関する事業。
(機構の構成)
第4条 機構は、次の各号に掲げる構成員を置く。
(1) 歯学部長、大学院歯学研究科長
(2) 歯学部付属明海大学病院長
(3) 病院生涯研修部長
(4) 病院生涯研修副部長
(5) 学識経験者
2 構成員の任命は、運営委員会の議を経て、学長が任命する。
(任期)
第5条 前条に掲げる構成員の任期は、原則として2年間とし、再任を妨げない。ただし、欠員が生じた場合の後任の任期は、前任者の残任期間とする。
(構成員の解任及び退任)
第6条 構成員が次の各号の一に該当するに至ったときは、構成員総数の4分の3以上出席した機構会議において、構成員総数の4分の3以上の議決により、これを解任することができる。
(1) 法令の規定又は学校法人明海大学寄附行為に著しく違反したとき。
(2) 心身の故障のため職務の執行に堪えないとき。
(3) 職務上の義務に著しく違反したとき。
(4) 構成員たるに相応しくない重大な非行があったとき。
2 構成員は、次の事由によって退任する。
(1) 任期の満了
(2) 辞任
(3) 学校教育法第9条各号に掲げる事由に該当するに至ったとき。
(審議事項)
第7条 機構は、第四章(第24条から37条)に掲げる事項を審議決定する。
(機構長)
第8条 機構長は、構成員の互選とする。
2 機構長は、会務を総括する。
(会議)
第9条 機構長は、機構会議を招集し、その議長となる。ただし、機構長に事故あるときは、あらかじめ機構長が指名した構成員がその職務を代行する。
2 機構会議は、年2回開催する。ただし、必要がある場合は、臨時に開催することができる。
(議事の成立)
第10条 機構会議は、構成員総数の2分の1以上の出席をもって成立する。
2 議事は、出席者の過半数をもって決め、可否同数の場合は議長がこれを決める。
3 前項前段の議決には、議長は加わることができない。
(議事録)
第11条 議長は、機構会議の議決事項及びその他の事項について、議事録を作成しなければならない。
2 議事録は、議長並びに議長の指名する構成員2名がこれに署名押印しなければならない。
(専門委員会)
第12条 機構の円滑な運営を図るため、専門委員会を設けることができる。
2 専門委員会に関する事項は、別に定める。
(事務)
第13条 機構の事務は、歯学部事務部生涯研修担当事務課が処理する。
(規則の改正)
第14条 この規則の改正は、機構の議を経て運営委員会の承認を得なければならない。

第三章 単位認定委員会

(単位認定委員会の設置)
第15条 明海大学歯科総合医育成コース単位認定委員会(以下「単位認定委員会」という。)を置く。
2 単位認定委員会は、歯科総合医育成コース認定医制度の円滑な運営を図るために必要な事項を定め、これを実施する。
3 単位認定委員会は、次の各号に掲げる委員をもって構成する。
(1) 歯科医師(歯科臨床経験を有する者) 若干名
(2) 学識経験者(医療を理解する者)   若干名
4 前項に規定する委員は、機構長が指名する。
(単位認定委員会委員の任期)
第16条 前条第3項に掲げる委員の任期は、原則として2年間とし、再任を妨げない。ただし、欠員が生じた場合の後任の任期は、前任者の残任期間とする。
(委員の解任及び退任)
第17条 委員が次の各号の一に該当するに至ったときは、委員総数の4分の3以上出席した単位認定委員会において、委員総数の4分の3以上の議決により、これを解任することができる。
(1) 法令の規定又は学校法人明海大学寄附行為に著しく違反したとき。
(2) 心身の故障のため職務の執行に堪えないとき。
(3) 職務上の義務に著しく違反したとき。
(4) 委員たるに相応しくない重大な非行があったとき。
2 委員は、次の事由によって退任する。
(1) 任期の満了
(2) 辞任
(3) 学校教育法第9条各号に掲げる事由に該当するに至ったとき。
(審議事項)
第18条 単位認定委員会は、次の各号に掲げる事項を審議決定し、これを実施する。
(1) 歯科総合医育成コース単位認定に関する事項
(2) その他歯科総合医育成コース認定医制度の円滑な運営を図るために必要な事項に関する事項
(委員長)
第19条 単位認定委員会の委員長及び委員は、機構長の指名とする。
2 委員長は、会務を総括する。
(会議)
第20条 委員長は、単位認定委員会を招集し、その議長となる。ただし、委員長に事故あるときは、あらかじめ委員長が指名した委員がその職務を代行する。
2 単位認定委員会は、年2回開催する。ただし、必要がある場合は、臨時に開催することができる。
(議事の成立)
第21条 単位認定委員会は、委員総数の2分の1以上の出席をもって成立する。
2 議事は、出席者の過半数をもって決め、可否同数の場合は議長がこれを決める。
3 前項前段の議決には、議長は加わることができない。
(議事録)
第22条 議長は、単位認定委員会の議決事項及びその他の事項について、議事録を作成しなければならない。
2 議事録は、議長並びに議長の指名する委員2名がこれに署名押印しなければならない。
(特別委員会)
第23条 単位認定委員会の円滑な運営を図るため、特別委員会を設けることができる。
2 特別委員会に関する事項は、別に定める。

第四章 認定医の資格申請等

(認定医の申請資格)
第24条 認定医の資格登録を申請することができる者は、第1号、第2号及び第3号のすべての各号に該当する者及び第4号に該当する者とする。
(1) 日本国歯科医師の免許を有すること。
(2) 単位認定委員会が別に定める研修会を期限内に修了し、必要単位を修得していること。
(3) 単位認定委員会が別に定める認定資格試験に合格していること。
(4) 単位認定委員会が前各号のすべてに該当する者に準じると認めた者。
(認定医の研修科目)
第25条 認定医の資格登録を申請する者は、別表1及び別表2に定める研修科目等を修了しなければならない。
2 別表1及び別表2に定める研修科目等は、単位認定委員会の議を経て機構の承認のうえ変更することができる。
(認定医の資格・称号等)
第26条 認定医の資格・称号は、次の各号とする。
(1) Excellent Clinicianは、別表1及び別表2に定めるクリニカルベーシックコースとクリニカルステップアップコースを修了し、一定の知識・技術を有し、適切な診断と治療を行うことができるとともに人格的に優れた歯科医師に与える。
(2) Distinguished Clinicianは、Excellent Clinicianを授与された者が、別表1及び別表2に定めるインターミディエイトコースを修了し、保存修復系治療・補綴治療の基本・口腔外科インプラント治療等の知識・能力を高めた口腔機能の向上に寄与できるとともに人格的に優れた歯科医師に与える。
(3) Master Clinicianは、Distinguished Clinicianを授与された者が、別表1及び別表2に定めるアドバンスコースを修了し、歯周治療・インプラント治療・補綴治療・インプラント治療等の知識、能力を高め、口腔機能や全身的な評価ができ、なおかつ、豊富な臨床経験を有するとともに人格的に優れた歯科医師に与える。
(認定医の資格申請)
第27条 認定医の資格を申請する者は、次の各号に定める認定申請書類等を、単位認定委員会に提出するものとする。
2 認定医の資格登録申請書類に関する資料
(1) 認定申請書(様式1号)
(2) 履歴書(様式2号)
(3) 所属する学会会員履歴書(様式3号)
(4) 申請症例報告書(様式4号)
(5) 主な業績目録(様式5号)
(6) 認定研修記録書(様式6号)
(7) 第24条各号に定める事項を証する書類
3 認定医の資格申請書類の提出先は、別表5のとおりとする。
(認定医の資格認定申請納付金)
第28条 認定医の資格を申請する者は、別表3に定める資格認定申請納付金を所定の期日までに、納付しなければならない。
2 一度納入した資格認定申請納付金等は、原則として返付しない。
(認定医の資格登録)
第29条 認定医資格の必要単位取得後、認定資格試験に合格した者は、認定資格試験合格日から起算して、1年以内に資格登録申請書類に基づき、資格登録手続きを行わなければならない。
2 単位認定委員会で資格登録が承認された者は、認定資格及び称号を授与され、資格登録されるものとする。
(資格認定医の公開)
第30条 前条第2項により、認定資格及び称号を授与された者については、資格認定医として明海大学・朝日大学歯科医師生涯研修公式ホームページに公開する。
(認定医の資格更新)
第31条 認定医資格は、第29条第2項に定める資格登録の日から、5年間効力を有するものとし、以後5年ごとに資格更新登録を行わなければ認定医の資格を失う。
(認定医の更新のための研修会)
第32条 第26条第1項第1号、第2号、第3号に定める各種の認定医は資格更新のために、単位認定委員会が別に定める研修を修了しなければならない。
(認定医の資格更新納付金)
第33条 認定医の資格を更新する者は、更新のための研修会を修了し、別表4に定める資格更新納付金を所定の期日までに納付し、更新手続きを行わなければならない。
(認定医の資格取り消し)
第34条 次の各号に該当する者については、単位認定委員会の審議により認定医の資格を取り消すことができる。
(1) 日本国歯科医師の免許を喪失したとき。
(2) 本人が資格の辞退を申し出たとき。
(3) 更新のための研修費用、申請料、登録料等の諸費用を期日までに支払いをしないとき。
(4) 認定医として、不適当と認められる事由が存在するとき。
(認定医の資格再申請)
第35条 認定医の資格を喪失した場合、その事情により改めて認定医の資格の復活の再申請をすることができる。
2 認定医の資格再申請は単位認定委員会が別に定める要件を満たす必要がある。
3 資格再申請者は、前項に定める要件を満たし資格再申請を行い、単位認定委員会がこれを認めたときに認定医の資格が復活するものとする。
(異議)
第36条 単位認定委員会の決定に異議のある者は、委員長に申し出て再審査を求めることができる。
(改廃)
第37条 この規則の改廃は、単位認定委員会の議を経て機構の承認を得なければならない。

第五章 単位認定の運営及び実施等

(資格・称号研修会)
第38条 第26条第1項第1号、第2号及び第3号の各資格・称号の認定を受けるための研修会(以下「研修会」という。)は、次の各号に定めるコースとする。
(1) Excellent Clinician Course
(2) Distinguished Clinician Course
(3) Master Clinician Course
(研修会コース及び審査)
第39条 各研修会は、次の各号に掲げる基準等に基づき実施する。この規定に定めのない事項については、第15条に定める委員会が定める。
2 Excellent Clinician Course
(1) 研修会
  ① クリニカルベーシックコースの全科目とする。
  ② クリニカルステップアップコースの全科目とする。
(2) 認定資格試験(理解度テスト)
  ① 出題形式は、マークシート方式と記述式とする。
  ② 出題内容は、各々の研修会に配布されるレジュメやテキストからとする。
  ③ 100点満点中80点以上を合格基準とする。
  ④ 不合格者は、追加試験を受験することができる。
  ⑤ 追加試験受験申請者は、追加試験申請書と追加試験料金を添えて単位認定委員会に申請を行う。その後追加試験を受験する。
(3) 症例発表
  ① 1症例とし、所定の資料をデジタルスライドプレゼンテーションとしてまとめる。
(4) 研修会受講中等の取り扱いは、次のとおりとする。
  ① 原則として、クリニカルベーシックコースとクリニカルステップアップコースの順に受講する。
  ② 3年以内の所定期間内でクリニカルベーシックコースとクリニカルステップアップコースの受講が修了し、単位を修得した者は、所定の手続きにより、認定資格試験(理解度テストと症例発表)を受講することができる。
  ③ 3年以内の所定期間内で単位の修得が終了しない場合は、特別聴講期間外となるため、該当研修会の受講申請(再申請は所定のレポート提出を必要とする。)と受講料(再申請費用50,000円)は、改めて納付する。
  ④ 3年以内の所定期間内で単位の修得が終了しない者が改めて受講し、所定の受講が修了し、単位を修得した場合は、所定の手続きにより、認定資格試験(理解度テストと症例発表)を受講することができる。
  ⑤ 欠席等の取り扱いは、次のとおりとする。
 ア 受講途中の退席は、原則として認めない。
 イ 欠席者は、受講中に配布されるレジュメやテキストを基に3カ月に1度開催されるオリエンテーション時に理解度テストを受講する。
 ウ 欠席により単位修得が不足した者は、3年以内に該当研修会を受講する。
 エ 欠席により単位修得が不足した者の受講料は納付済みであるため、受講研修会に配布されるレジュメやテキストは研修会終了後本人宛に送付する。
 オ 欠席により単位修得が不足した者の特別聴講は、事前に送付されたレジュメやテキストを使用する。

3 Distinguished Clinician Course
(1) 研修会
  ① クリニカルベーシックコースの全科目とする。
  ② クリニカルステップアップコースの全科目とする。
  ③ 保存系治療コースの全科目とする。
  ④ 補綴治療の基本コースの全科目とする。
  ⑤ 口腔外科・インプラント治療コースの全科目とする。
(2) 認定資格試験(理解度テスト)
  ① 出題形式は、マークシート方式と記述式とする。
  ② 出題内容は、各々の研修会に配布されるレジュメやテキストからとする。
  ③ 100点満点中80点以上を合格基準とする。
  ④ 不合格者は、追加試験を受験することができる。
  ⑤ 追加試験受験申請者は、追加試験申請書と追加試験料金を添えて単位認定委員会に申請を行う。その後追加試験を受験する。
(3) 症例発表
  ① 1年に1症例ごとに発表し2症例とする。
  ② 所定の資料をデジタルスライドプレゼンテーションとしてまとめる。
(4) 研修会受講中等の取り扱いは、次のとおりとする。
  ① オリエンテーションは、保存系治療コース・補綴治療の基本コース、口腔外科・インプラント治療コースの症例等の説明や総合診断力テストとする。
  ② 3年以内の期間内で受講が修了し、単位を修得した者は、所定の手続きにより、認定資格試験を受講することができる。
  ③ 3年以内の所定期間内で単位の修得が終了しない場合は、資格を一旦停止し、該当研修会の受講申請(再申請は所定のレポート提出を必要とする。)と受講料(再申請費用70,000円)は、改めて納付する。
  ④ 3年以内の所定期間内で単位の修得が終了しない者が改めて受講し、所定の受講が修了し、単位を修得した場合は、所定の手続きにより、認定資格試験(理解度テストと症例発表)を受講することができる。
  ⑤ 欠席等の取り扱いは、次のとおりとする。
   ア 受講途中の退席は、原則として認めない。
   イ 欠席により単位修得が不足した者は、3年以内に該当研修会を受講する。
4 Master Clinician Course
(1) 研修会
  ① クリニカルベーシックコースの全科目とする。
  ② クリニカルステップアップコースの全科目とする。
  ③ 保存系治療コースの全科目とする。
  ④ 補綴治療の基本コースの全科目とする。
  ⑤ 口腔外科・インプラント治療コースの全科目とする。
  ⑥ 歯周治療・インプラント治療コースの全科目とする。
  ⑦ 補綴治療コースの全科目とする。
  ⑧ インプラント治療コースの全科目とする。
(2) 認定資格試験(理解度テスト)
  ① 出題形式は、マークシート方式と記述式とする。
  ② 出題内容は、各々の研修会に配布されるレジュメやテキストからとする。
  ③ 100点満点中80点以上を合格基準とする。
  ④ 不合格者は、追加試験を受験することができる。
  ⑤ 追加試験受験申請者は、追加試験申請書と追加試験料金を添えて単位認定委員会に申請を行う。その後追加試験を受験する。
  ⑥ 理解度テストの追加試験の出題形式は、マークシート方式と記述式とする。
(3) 症例発表
  ① 1年に1症例ごとに発表し5症例とする。
  ② 所定の資料をデジタルスライドプレゼンテーションとしてまとめる。
(4) 口頭試問
  ① 歯科口腔領域に関わる全人格的な高度専門医療人を養成することなど、認定医制度を十分に理解し、歯科総合医として人格を含む総合的な内容とする。
(5) 研修会受講中等の取り扱いは、次のとおりとする。
  ① 5年以内の期間内で受講を修了し、単位を修得した者は、所定の手続きにより、口頭試問と認定資格試験(理解度テストと症例発表)を受講することができる。
  ② 5年以内の所定期間内で単位を修得できない場合は、資格を一旦停止し、該当研修会の受講申請(再申請は所定のレポート提出を必要とする。)と受講料(再申請費用100,000円)は、改めて納付する。
  ③ 5年以内の所定期間内で単位の修得を終了しない者は改めて再受講する。その後単位を修得した場合は、所定の手続きにより、口頭試問と認定資格試験(理解度テストと症例発表)を受講することができる。
  ④ 欠席等の取り扱いは、次のとおりとする。
   ア 受講途中の退席は、原則として認めない。
   イ 欠席により単位修得が不足した者は、5年以内に該当研修会を受講する。
   ウ 欠席により単位修得が不足した者は、事前に送付されたレジュメやテキストを使用する。
(単位認定審査)
第40条 各種の認定医の資格・称号単位認定審査に関する実施取扱いについては第15条に定める単位認定委員会が、別に定める。
(資格認定医の公開の取り扱い)
第41条 第30条に基づく、明海大学・朝日大学歯科医師生涯研修公式ホームページの資格認定医の公開の取り扱いは、次の各号による。
(1) 第29条第2項に基づき資格登録された日から資格有効期間中とする。
(2) 公開内容
  ① 認定医の種類
  ② 認定医の氏名
  ③ 認定医の勤務先、歯科医院及び診療所名称、郵便番号、住所、電話番号
(認定医更新のための研修会の取り扱い)
第42条 第32条に基づく資格更新のための各種の研修会等は、次のとおりとする。
(1) Excellent Clinician
  ① 認定医研修会は毎年度開催し、原則として毎年度受講し修了する。
  ② 資格更新のための研修会は、原則として毎年度受講し、5年以内に一度症例発表を修了する。
  ③ 資格更新のための研修会は、単位制とし参加1回に付き10単位とする。
  ④ 単位取得のための有効期限は、別に定めるものとする。
(2) Distinguished Clinician
  ① 認定医研修会は毎年度開催し、原則として毎年度受講し修了する。
  ② 資格更新のための研修会は、原則として毎年度受講し、5年以内に一度症例発表を修了する。  
  ③ 資格更新のための研修会は単位制とし、参加1回に付き10単位とする。
  ④ 単位取得のための有効期限は、別に定めるものとする。
(3) Master Clinician
  ① 認定医研修会は毎年度開催し、原則として毎年度受講し修了する。
  ② 資格更新のための研修会は、原則として毎年度受講し5年以内に一度症例発表を修了する。
  ③ 資格更新のための研修会は単位制とし、参加1回に付き10単位とする。
  ④ 単位取得のための有効期限は、別に定めるものとする。

第六章 雑則

(雑則)
第43条 この規則に定めるもののほか、必要な事項は別に定める。

附 則
 この規則は、2014年4月1日から施行する。

歯科医師生涯研修部のご案内

ページのトップへ